トップ > 経費になるのかならいのかのボーダーライン

経費になるのかならいのかのボーダーライン

自営業をしています。昔からの自営業ではなく、旦那が友人と
会社を立ち上げて2.3年余りなので、年度末の確定申告を始めて
まだ1.2度しか経験がありません。

個人での仕事であること、まだ仕事も軌道に乗ってないということ
からまだ税理士などは付いてなくてなんとか自分で帳簿を作成し
て、計算して、金額を算出して・・・とやってます。

この時に一番頭を悩ませるのが勘定科目の仕分けです。
勘定科目の仕分け方という類の本も数冊購入して仕分けてます
が、普段の生活や仕事上において何もかもが全て仕分けの枠に
収まるかというとそうでもなくて、ずっと考えた挙句どうしても不明
なもの等は「雑費」になるようですが初年度はこの雑費が異様に
多かったと記憶しています。
レシートや領収書から科目を見つけていきますが、例えば
「交際費」と「会議費」の違いも金額による仕分けとアルコールが
含まれている場合と・・・の2種類で考えていくのでちょっと混乱
してしまいます。
ある程度の科目は分かるものの、商品(物など)によったらどういう
ものになるのかが未だに全く不明な領収書(レシート)が毎年出現
です。

数回の確定申告を経て、自分たちで領収書やレシートを保管て、
仕分けをし、帳簿を付けるという作業は毎日の積み重ねによるも
のだという事をやっと理解した次第です。毎日なら少しずつの
記帳で済むし、金額もそんなに大きくならないので比較的楽に
仕分けと記帳をすることが出来るようになりました。
あと、去年ですが市の商工会議所が主催する「確定申告の流れ」
を説明してくれたセミナーに参加できたこともとても役立ってます。
本当は専門的な税理士の方に頼めばいいんだと思いますが、
まだまだ経済的余裕がないのでもう少し今の状態で申告を続けて
いこうと思ってます。

 | 次の記事

関連記事